本文へスキップ

最先端のものづくり技術で明日の日本を支える                                                  

次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会

公益社団法人 砥粒加工学会
次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会のホームページへようこそ。

当専門委員会(通称:SF委員会)の活動について紹介していきます。初めての方は上の大目次からご覧下さい。

                       CONTENTS
 次回研究会予告  次々回予告   掲示板 
 前回報告  研究会アーカイブス  入会のお勧め
  緊急のお知らせ 






 緊急のお知らせ <COVID-19の対応について>
 <研究会開催について>
 当面、開催の可否については概ね1ヶ月前の時点で、COVID-19の状況、国などの要請・指示、講師や会場、皆様の状況を総合的に判断致します。皆様には、学会HP、当会HP、およびSF事務局からメールにて結果をご報告いたします。下表は今後予定を記載しております。4月13日時点では第90回研究会、第91回研究会の延期が決定しております。
研究会 開催日&会場 皆様への開催可否通知予定日
 第90回研究会 2020年5月22日(金)、日大 延期決定  来年4月頃開催予定
 第91回研究会 2020年6月26日(金)、日大 延期決定  来年6月頃開催予定
 第92回研究会 2020年8月28日(金)、明大  2020年7月下旬までに通知します
 第93回研究会 2020年10月16日or23日(金)日程未定、会場は日大を予定   2020年9月中旬までに通知します
 第94回研究会 2020年12月4日(金)
会場は日大を予定
 2020年11月上旬までに通知します

<技術交流会について>
 研究会開催と判断されましても、技術交流会については当面中止とさせていただきます。当専門委員会が大切にして参りました技術交流会ですが、皆様の感染リスクを高める訳にはまいりません。

<延期に伴う企業会員への措置について>
 COVID-19によって延期の決定をした場合、企業会員の皆様には、当委員会の趣旨に沿って何らかの有益な情報提供サービスを行う予定です。昨年は書籍の進呈を致しましたが、今年も運営委員会で有益なサービスが提供できますよう真摯に検討して参ります。

今後とも、ご理解とご支援を何とぞよろしくお願い申し上げます。











news次回研究会予告

8月28日 (金)開催  
第92回研究会
砥粒の既成概念を振り払ったら、新しい世界が見えてきた!
知っているようで知らない『砥粒の性質』
       企画主旨
砥粒加工において,砥粒は極めて重要な要素である.このため,砥粒の性質について正しく理解することは,研削加工および研磨加工の高能率化や高精度化を進める上で,大変重要となる.砥粒は,Al2O3系,SiC系などの普通砥粒,ダイヤモンドならびにCBNの超砥粒に分類できる.さらに,化学作用を発現して高い加工面品位を高能率で得ることができる砥粒も存在する.これらの“砥粒”は,要求される加工精度や加工能率に応じて,適切に選択されることが望ましい.本研究会においては,この砥粒にフォーカスし,知っているようで知らなかった砥粒の性質について改めて理解を深めたいと考え,各分野の専門家である4名の講師の方々にご講演を頂く.
      プログラム
研究会 13:00-17:00
<講演1>「超砥粒の製造現場と品質管理に関する新たな取組みについて」
      株式会社グローバルダイヤモンド 小杉 剛 氏
<講演2>「遊離砥粒 その性質と選定方法」
      株式会社フジミインコーポレーテッド 高見 信一郎 氏
<講演3>「統計的な粒子形態分析とラマン分光法の複合解析によるダイヤモンド      砥粒の強度等の評価事例」
      スペクトリス株式会社 笹倉 大督 氏
<講演4>「砥粒加工における砥粒が発生する化学作用」
      株式会社ノリタケカンパニーリミテド 佐藤 誠 氏
    司会・企画担当
佐藤委員(東京都市大)、宮本委員(旭ダイヤ)、澤委員(芝浦工大)
        会 場
明治大学 駿河台キャンパスリバティータワー(予定) 
      技術交流会
未定 
  参加申込み
  〆切:8月20日(木) まで  
     7月受付開始予定
  開催案内はこちら→  
     申込フォーム
 
こちらのフォームを使って当専門委員会事務局までお申し込み下さい。
申込書 →pdf word 【FAX】048-829-7046
【mail】sf-office@mech.saitama-u.ac.jp  
・準備の都合がございますので、企業会員・学界会員の皆様もフォームにてお申し込み下さいますようお願いします。 研究会の開催回を明記して下さい。
・非会員は1.5万円/回で参加頂けます。上記フォームによりお申し込み下さい。なお、研究会と技術交流会には2名までご参加頂けます。
若手育成のための奨励制度
非会員で大学または公共研究機関に所属される同分野の若手研究者には、奨励制度がございます。参加を希望される方はこちらをご参照下さい。→ 
 









少し先ですが・・・
93回研究会は10月開催予定です。
                
   最先端技術情報満載の企画を提供します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   次々回の予定  
93回研究会:10月
      テ ー マ
未公開
     講演&講師
選定中
     技術交流会
未定
        受付
9月1日受け付け開始予定



















Report
前回研究会報告

2月7日(金) 開催
第89回研究会 :「超音波・ファインバブル活用技術の最前線」
会場:日本大学 駿河台キャンパス スコラ・タワー2F 
     開催報告 近日公開
                 



































Admission

  • 最新の砥粒加工技術情報がキャッチできる当専門委員会に入会しませんか?  現在の企業会員数は58社です。
  • 活動の詳細については右ボタンをクリックして下さい。→ 
  • 【当専門委員会(通称:SF委員会) 企業会員特典】
  •  1)年間6回開催の研究会に年会費(30,000円)で参加できます。入会は随時受付けています。
    • 2)研究会(毎回4名の講師による講演)は5名/社まで参加できます。
    • 3)参加者にはテキストが無料配布されます。
    • 4)欠席しても、開催後にテキスト(pdf)の無料ダウンロードサービスが受けられます。
    • 5)技術交流会(立食形式のparty)は2名/社まで無料参加できます。
    •   (初めて参加された人も気軽に楽しく馴染むことができます。是非自然体でご参加下さい)
    • 6)ABTECの専門委員会ブースでは、miniポスター1枚(A4サイズ)/社を無料展示できます。
    • 7)学会等の出版物を無償配布することがあります。(実績:2016年に用語辞典、2018年に宮下政和先生のご著書を希望者全員に進呈)
    • 8)当専門委員会の主催するシンポジウム(研究会と別)に専門委員会会員特別料金で参加できます。
    • 入会に関する問い合わせ・お申込みはSF事務局までメールでお願いします。→ 
    • 入会申込書 →  PDFファイル   WORDファイル 
    参考情報1:非会員でも参加費15,000円/回を支払えば、研究会2名、技術交流会2名まで参加できます。
  • 参考情報2:当専門委員会に関する記述がある記事(学会誌(2018.1月号)に掲載) 
  •        「わかりやすさ、よく練られた企画」との評価を頂戴しました。
    
   





















Bulletin board

SF委員会では企業会員の皆様に書籍を贈呈致しました
本専門委員会の活動をご支援頂き誠にありがとうございます。感謝の意を込めて2019年度は企業会員の皆様に書籍を贈呈致します。「ハイテク五十年史に学ぶ将来加工技術」日本学術振興会将来加工技術第136委員会編 日本工業出版 2019 総頁数460頁. 先端加工技術および先端デバイス技術、先端材料評価技術とともに、戦後50年にわたる各分野の技術史を振り返り、さらなる新技術を展望します。日本の加工技術を牽引する日本学術振興会将来加工技術第136委員会が設立50周年を記念して総力を挙げて編集したユニークな書籍です。執筆者には安永暢男先生(研磨)を始め、SFの関係者が多く名を連ねています。
PDF資料ダウンロード方法
マニュアルはこちらをクリック →  
































問い合わせ先

SF委員会事務局

事務局担当 田附宙美

住所:埼玉県さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学理工学研究科生産環境科学研究室気付 FAX:048-829-7046
【mail】sf-office@mech.saitama-u.ac.jp





8月の会場案内

明治大学
駿河台キャンパス
(予定)



第92回研究会会場







公益社団法人 砥粒加工学会の
ホームページはこちら